30代社内ニートが転職で逆転人生をつかむ方法

30代社内ニート 社内ニート

30代になっても社内ニート…この先不安だな。

30代で転職したくても、社内ニートの自分じゃ雇ってくれる会社は無さそう。

このままだと会社の経営が傾いたら、真っ先に「リストラ対象」になるかもしれないし、心配でたまらない。

本来会社の中核を担っているはずの30代で「社内ニート」の方は、将来を不安に感じている人も多いでしょう。

「転職は30歳になるまで」という風潮があるので、「もしかして手遅れなんじゃ?」と、さらに心配が増してしまうかもしれません。

実は、30代の社内ニートの方でも転職を成功させる方法があるんです。

転職に成功することで自分の「市場価値」が再起動します。その結果、出世、収入アップ、社会的存在意義の向上という「逆転人生」を歩むきっかけを掴むことが可能になります。

スポンサーリンク

社内ニートは真っ先に淘汰されるかも知れない

社内ニートとは、会社に勤務していながら実質的に仕事がない人を指します。

社内ニート状態の人の特徴として、出社しても5分程度で仕事が終わってしまうので、外回り営業に出かけている「フリ」をして、パチ〇コに興じたり、車内で昼寝やスマホゲームなどで時間を潰します。

リクルートワークス研究所が行なった調査によると、日本の企業には実質的な「社内ニート」が400万人も存在しているらしいです。2019年現在、日本の正社員の数は3500万人と言われているので、12%近い割合です。

社内ニートの市場価値は右肩下がり

社内ニートは出社しても仕事がないので、持っている能力が上がることはありません。

「特定のスキルを持っている」「社会での経験値が高く社会的需要が多い」人のことを「市場価値が高い」と言います。

しかし社内ニートは際立ったスキルも経験値もないので、「市場価値」も比例して低いままです。それどころか年齢が上がるにつれて期待される能力は上がるので、市場価値は右肩下がりに落ちていきます。

転職アプリの「ミイダス」に無料会員登録をすると、今の自分の「市場価値」を金額で調べることができるので、興味ある方はどうぞ。

自分の市場価値を無料で調べてみる|ミイダス 

 

リストラの対象にも

終身雇用制度の崩壊が始まった今、社内ニートは真っ先に「リストラの対象」になるでしょう。

先日トヨタ社長である豊田章夫氏も、自身の会社について「終身雇用の保障はできない」旨を表明しています。世界的企業の発言により、日本中の会社が「右へ倣(なら)え」の状況になることも予想されます。2020年には「新型コロナウィルス」という莫大な経済的ダメージが発生し、企業の業績はますます厳しいものになっていくことが予想されます。

社内ニートは終身雇用制度が蔓延している日本特有の存在で、諸外国に倣った雇用制度がこれから普及してくれば、間違いなく淘汰される対象になるでしょう。

社内ニートは時間切れになる前に動き出すべきなんです。

会社のせいにしても前に進まない

社内ニートの人は自分が活躍できないのを「会社のせい」にする傾向があります。

しかし、社内ニートであることを企業の責任にしていても、一歩も前に進むことはありません。

30代の社内ニートの方でも転職を成功させる方法があります。動き出した人だけが、会社で活躍できる権利を手にし、充実した社会生活を送ることができます。

転職に成功することで自分の「市場価値」が再起動し、出世、収入アップ、社会的存在意義を実現することが可能になるのです。

30代での転職は無理?

「でも30代で転職って、手遅れでしょ?」と思う方がいるかも知れません。

30代で転職ができない、もしくは失敗してしまう人は、正しい方法を知らないだけです。

「30代で転職は無理」という根も葉もない噂に振り回されず、前を向いて正しい方法で活動した人には、多くの「成功者」が生まれています。

30代の社内ニートが転職を成功させる方法

30代の社内ニートが転職するには、やみくもに企業へ応募しても前には進みません。書類選考でフィルターにかけられて落とされるか、拾ってくれるのはせいぜい万年人手不足に陥っている「ブラック企業」だけでしょう。

妥協して転職をしても、まったく意味がありません。その後に待っている「華やかな変化」が必要です。

転職のプロと二人三脚で成功させる

一般的な転職は、求人サイトに登録し、自分で職種や企業を検索して応募します。しかしこれは20代の比較的求人数が多い場合にのみ有効な方法です。30代では「経験や実績」が求められるため、この方法では書類審査だけで落とされる可能性が大です。

30代で転職をする場合は、転職エージェントという「プロ」の力を借りる方法をおすすめします。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは人材紹介サービスのひとつで、求職者が抱える悩みや要望をヒアリングし、その人にマッチした企業を探してくれる会社です。

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • 専任の「キャリアアドバイザー」による転職相談
  • 間違った方法で活動しなくて済む
  • 書類審査で落とされる可能性が低くなる
  • 職務経歴書や履歴書の添削あり
  • 面接の対策あり
  • 企業との年収交渉もOK
  • 利用料は「完全無料」で経済的負担なし

転職にまつわる様々なサポートが「完全無料」で受けられるので、30代で転職を考えている人には必須です。

 

自分の「強み・適正」を知ることの重要性

30代の社内ニートの方は「自分にはどんな強みがあるのか?」や「適正(適職)」を知らないという方が意外と多いです。このような「自己分析」というものは主観では難しいのが実情ではないでしょうか?

転職エージェントという「第三者」の目を通すことで、これまで自分では気づきにくかった「強み」や「適正」が見えてきます。

30代で社内ニートの人でも「自分にはこんな能力があったんだ」という気付きを実感することができ、明るい未来に向けて前向きに活動をすることができるようになります。

30代におすすめの転職サイト・転職エージェント
30代におすすめの転職サイトや転職エージェントを教えて欲しい。そもそも「転職サイト」と「転職エージェント」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました